推理小説

推理小説

優れた捜査は想像力に支配されてはいけない-スタイルズ荘の怪事件:アガサ・クリスティー-

7歳まで文字の読み書きができなかった幼少期 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回はアガサ・クリスティのデビュー作にして、名探偵エルキュール・ポアロの初登場作品の「スタイルズ荘の怪事件」を紹介します。 作者の発表した多くの...
推理小説

リチャードクイーンの部下、ヘイムストロングがタクシーの尾行に成功する-ローマ帽子の秘密:エラリー・クイーンー

エラリー・クイーンはダネイとリーの共著というスタイル こんにちは。管理人のエスポワールです。今回はエラリー・クイーンのデビュー作「ローマ帽子の秘密」を紹介します。 エラリー・クイーンはフレデリック・ダネイ(1905-1982...
推理小説

パリ警察の名探偵ヴァランタンが尾行に失敗した-青い十字架:チェスタートンー

主人公のブラウン神父の本名は明らかになっていない こんにちは。管理人のエスポワールです。今回はブラウン神父シリーズで有名なチェスタートンの作品「青い十字架」を紹介します。 本作品は1911年に発表された、ブラウン神父が初めて登...
推理小説

名探偵が語る犯罪と芸術作品の共通点-ベンスン殺人事件:ヴァン・ダインー

2000冊の推理小説を分類、研究して推理小説作家となったヴァン・ダイン こんにちは。管理人のエスポワールです。今回の推理小説感想文はS・S・ヴァン・ダイン (1888-1939) のデビュー作「ベンスン殺人事件」(1926)を紹介し...
推理小説

十津川警部の部下、桜井刑事の尾行が発覚する-寝台特急(ブルートレイン)殺人事件:西村京太郎ー

西村京太郎は私立探偵だった過去を持つ こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は西村京太郎(1930-)の代表作、寝台特急(ブルートレイン)殺人事件(1978)を紹介します。 私も知らなかったのですが、作者の西村京太郎は元...
推理小説

メグレ警部の部下、デュフール刑事が張り込みに失敗したー怪盗レトン:ジョルジュ・シムノンー

1929年にメグレ警部が登場する こんにちは。管理人のエスポワールです。今回、ベルギー人作家ジョルジュ・シムノンの初期の作品、「怪盗レトン」を紹介します。 本作品は1929年に発表された「メグレシリーズ」の最初の作品でもあり...
推理小説

密室殺人を分類化した17章の密室講義を読む-三つの棺:ジョン・ディクスン・カー-

密室殺人を分類化した 「三つの棺」17章の密室講義 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回はジョン・ディクスン・カーの代表作「三つの棺」17章の密室講義を紹介します。 まず、作者のジョン・ディクスン・カー(1906-19...
推理小説

「探偵は感情移入しないほうがいい」が本質を突いている-十二秒の誤算:山村美紗ー

浮気調査を本業とする探偵を主人公にした作品は実はあまり多くない こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は日本のアガサ・クリスティとも称される山村美紗(1934-1996)の作品、十二秒の誤算(1993)を紹介します。 こ...
推理小説

あのホームズが尾行に失敗した―緋色の研究:コナン・ドイル―

1884年にホームズが登場する こんにちは。管理人のエスポワールです。今回、シャーロック・ホームズシリーズの最初の作品、「緋色の研究」を紹介します。 本作品は1884年に発表された作品ですが、その頃の日本は富国強兵をモットーに...
推理小説

歴史上初の推理小説の犯人はオランウータンーモルグ街の殺人:エドガー・アラン・ポーー

世界初の推理小説はエドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は世界初の推理小説、『モルグ街の殺人 エドガー・アラン・ポー著小川高義訳』を紹介します。 「世界初の推理小説でも探偵は...
タイトルとURLをコピーしました