推理小説

推理小説

殺人者はいつやめればいいのか潮時を知らないーABC殺人事件・アガサ・クリスティーー

推理小説の世界で「女王」と言えばアガサ・クリスティーのこと こんにちは。管理人のエスポワールです。今回はアガサ・クリスティーのABC殺人事件を紹介します。 推理小説の世界における「女王」と言えばアガサ・クリスティーです。「女王...
推理小説

探偵が解説する「ヴァン・ダインの二十則」

ヴァン・ダインの二十則とは何か こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は「ヴァン・ダインの二十則」を紹介します。ヴァン・ダインの二十則とは推理小説作家のヴァン・ダインが推理小説として守るべきではないかと提唱したルールです。 ...
推理小説

安楽椅子探偵・ホームズは最初に女性の「袖口」に注目するー花婿の正体:コナン・ドイルー

安楽椅子探偵とは何か こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は「花婿の正体:コナン・ドイル」を紹介します。もちろん主人公はホームズですが、本作品ではホームズは自分の部屋から一歩も外に出ていません。このような探偵を専門用語で「安楽...
推理小説

人は思い詰めると周囲が見えなくなるーわが一高時代の犯罪:高木彬光ー

作品の舞台が第二次世界大戦直前の東京大学 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は1951年に発表された高木彬光の中編推理小説である「わが一高時代の犯罪」を紹介します。本作品は作者の探偵小説に登場する名探偵「神津恭介」の探偵とな...
推理小説

前近代的な風習に縛られた登場人物の悲惨な結末ー獄門島:横溝正史ー

終戦直後の前近代的な風習の残る離島が舞台 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は1971年に発表された横溝正史の長編作品、金田一耕助シリーズの「獄門島」を紹介します。 本作品は終戦直後の瀬戸内海の離島である獄門島を...
推理小説

浮気調査の依頼人が調査当日に探偵に協力していただきたいことー赤毛連合:コナン・ドイルー

「シャーロキアン」へのいざない こんにちは。管理人のエスポワールです。今回はコナン・ドイルの作品から「赤毛連合」を紹介します。 本作品は短編集「シャーロックホームズの冒険」に収録されている作品です。コナン・ドイルは60...
推理小説

人間の先入観が盲点を作ることがたびたびあるー点と線:松本清張ー

時刻表トリックの誕生 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は松本清張の作品、「点と線」を紹介します。 本作品は「電車の時刻表による現場不在の証明(アリバイ)」が登場するはじめての作品です。通称「時刻表トリック」とも...
推理小説

初恋の人を探す調査が法律的にグレーで調査が難解な理由-初恋の人を探して:山村美紗ー

今はなき初恋の人探し調査 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回は山村美紗(1934-1996)の作品、『初恋の人を探して』を紹介します。 こちらの作品は探偵事務所の調査員、片山由美を主人公とする、短編作品集『十二秒の誤算...
推理小説

面白い推理小説に「斬新なトリック」や「意外な犯人」の要素はいらない-刺青殺人事件:高木彬光-

旅行中、高木彬光生誕地の案内板を偶然見つける こんにちは。管理人のエスポワールです。先日、青森県青森市を旅行中に、このような案内板を偶然見つけました。 この辺りが推理小説作家である高木彬光の生誕地のようです。具体...
推理小説

金田一耕助の探偵方法は「結果を論理的に分類総合して、最後に推断を下す」というやり方だそうです-本陣殺人事件:横溝正史-

推理小説創作禁止令を経て金田一耕助初登場 こんにちは。管理人のエスポワールです。今回の推理小説感想文は横溝正史の「本陣殺人事件」をとりあげます。この作品は日本を代表とする名探偵・金田一耕助が初めて作品に登場する、1946年発表の...
タイトルとURLをコピーしました